Cheryl May

昨年、生徒さんたちのご希望で取り寄せたミニョネットのモールド。
始まりは、ビスクドール作りを始める前の生徒さんがある作家さんのサイトで見つけられた可愛いミニョネット。
お求めになってからずっと大切にされてきて、お人形作りをきっかけに「同じ人形を作りたい」ということでお教室に持っていらっしゃいました。
その人形を見ても今まで見たことがないお顔とボディでしたので何処の製作での何と言う名前のモールドかわかりませんでした。
生徒さんが「シェリル メイ」という名前を覚えていたので、それを頼りに調べてみましたが最初は皆目分からない状態でした。
「Sheryl May」だと思っていたのが「Cheryl May」で検索してみたらやっとひとつ、ふたつ情報が出てきました。
でもモールドの製作所はわからないまま。
作られた作家さんに聞いてみたら、その作家さんもソフトウェアを他の作家さんから求められたのだとか。
そのモールドをお持ちの作家さんからの情報は、ずいぶん前にモールドを買ったけれど今は販売されてないかも、ということでした。

アメリカのモールドをつくっている工房に「Cheryl Mayのモールドは扱っているか?」とメールで問い合わせたところ、返事がありませんでした。
再度メールで問い合わせたら、今度は「ある」と返事がありました。
どうもウェブサイトやカタログには出してなくて注文販売だったようです。
はたして何ヶ月か待って無事モールドは届きました。

f0277298_14515575.jpg

身長は12~13cmになるのかな?
4mmくらいの目が入りそうです。

お靴がこんな感じ。
f0277298_14515880.jpg


まだ1回目の絵付けなので綺麗ではありませんが、こういうブーツを大きな子にも履かせてみたいんですよね〜。

生徒さんたちも作り始めています。
どんなお顔になるのか、楽しみです。
[PR]
by TakakoTina | 2017-02-01 15:18 | Comments(0)