7月28日 2017 to Verona from Venezia

ルネッサンス期の詩人、人文学者ピエトロ・ベンボの生まれた家でヴェネツィアでの最後の朝食をとり、10時頃チェックアウトして目の前の乗り場からヴァポレットに乗ってサンタ・ルチア駅に向かいました。

鉄道に乗ってヴェローナに向かいます。
f0277298_02170438.jpg

ヴェネツィアが遠くなっていきます。
ありがとうヴェネツィア。

一時間ほどで着きました。
タクシーで宿へ。
「ここだよ」と言われ降りたところにホテルらしき案内は無かった。
タクシーが止まった場所の真ん前に大きな扉があり、よくみるとブザー?がたくさんあってそのひとつに泊まるホテルの名前があったので押すと誰だか応答したので自分たちの名前を言ったらイタリア語で何て言っていたのかわからなかったけど、とりあえず大きな扉は開いた。
f0277298_02274032.jpg


f0277298_02281676.jpg
入るとこんな螺旋階段があった。
う〜〜ん!、とりあえずエレベーターに乗って1階ずつ上がってみるか、とひとつ上の階でエレベーターから顔を出したらその階の住人が「どこに行くの」と聞いたように思ったので(イタリア語わからな〜い)宿泊施設の名前を言ったら「そこは4階よ」と言ったように思った。「クワトロ」と聞こえたから「4」だと思った。


はたして4階にその「ラ・ボエーム」はあった。
f0277298_02334849.jpg
その入り口から人柄の良さそうなお爺さんが顔を出していて「こっちだ」と言った、と思った(笑)
はぁ!よかった!無事たどり着いたみたい。

中に入ってお爺さんはイタリア語であなた方の部屋はこの部屋で鍵はこれで、とまた三つの鍵の束ををわたしてくれた。
そしてヴェローナの地図を見せて、なにか説明してくれたけどさっぱりわからなかった。
でもなんとなく、ここは女の人が管理しているらしく明日の朝9時からの朝食の準備に来る、というようなことを言った、と思った。
なんだかわからないけど、鍵をくれたのだから無事チェックイン出来たのだろう。

荷物を解いて町を見てみましょう。
歩いて2. 3分でアレーナ・ディ・ベローナがある筈です。
ここで今夜、野外オペラを観るのです。
このアレーナ・ディ・ヴェローナで野外オペラを観るのがこの旅のメインイベントなのでした。

f0277298_02452779.jpg

この大きな門をくぐると見えてきました。

f0277298_02453047.jpg

ローマ時代の円形劇場の遺跡です。
ここで夏は野外オペラが観れるのです。


ぐるっと一回りはしないけど大きさに圧倒されながら、今夜はここかぁ!と感慨に耽りながら
ブランド店が立ち並ぶ道を歩いていくと大きな広場に出ました。

f0277298_02453366.jpg

お土産やさん?などのお店がテントの下で営業してました。

ジュリエットの家にでも行ってみようか
f0277298_02453759.jpg
もう身動きできないほど人がいっぱいでバルコニーらしきものを撮るのにも結構大変でした。
ジュリエットの像もあったけど、撮れませんでした。

まぁ、あまりの人の多さにロマンティック気分にはほど遠く、またブランド街をうろうろしながらジェラートも食べてホテルに帰りました。





[PR]
by TakakoTina | 2017-08-11 03:01 | Comments(0)