BRU JNE9

去年11月の個展でBRU JNE9をお迎えいただいていた方は「こんなBRUが好き」というイメージがありました。
私もその方が「好き」というBRUがとても可愛いと思っていたので、どうしてもそういうイメージのドレスを着せてお嫁にだしてあげたかったのです。
薄いピンクの生地にチュールレースを重ねた、裾が広がったAラインのドレス。
半年もかかってやっと仕上がりました。
個展の後は集中力も途切れ、何事も意欲的に取り掛かれなかったからです。
気長に待ってくださって感謝しています。
f0277298_18212629.jpg

ドレスが出来てから下着を縫いました。
ドレスと下着のスカートの長さをぴったりと揃えたかったし、スカートの広がり具合をみながら作りたかったので。
下着のスカートは二枚仕立てで上側はアンティークのドットの入った柔らかい綿ローンを使っています。
この柔らかさが現代物ではなかなかないのです。
ドレスをふんわりと支えてくれます。
[PR]
by TakakoTina | 2013-05-30 18:38 | ビスクドール

昨年11月の個展でもミレットサイズの子達に着物を縫っていただいたKazumiさんに、またお願いしました。
可愛い柄のお着物です。
f0277298_21275297.jpg


髪の色と帯を赤に変えるとまたイメージも変わります。
年齢設定も変わるかな。
f0277298_21275218.jpg


青い帯に決めました。
[PR]
by TakakoTina | 2013-05-21 21:33 | Comments(0)

赤ずきんちゃんと狼

f0277298_13582944.jpg


「だけど、おばあちゃまのお耳はどうしてそんなに大きいの?」
と赤ずきんちゃんは聞きました。

「それはね、おまえの可愛い声がよく聞こえるようにさ」
狼は答えました。

「だけど、おばあちゃまのお目めはどうしてそんなに大きいの?」
と赤ずきんちゃんは聞きました。

「それはね、可愛いおまえがよく見えるようにさ。」
狼は答えました。

「だけど、おばあちゃまの歯はどうしてそんなに大きいの?」
と赤ずきんちゃんは聞きました。

「それはね、可愛いおまえが作ったクッキーを食べるためさ」
と言って狼はベッドから身を乗り出しました。

赤ずきんちゃんはベッドの中にいたのはおばあさんではなくお腹のすいた狼だと気がつきました。

「そうだったのね。では私が作ったおいしいクッキーやケーキを分けてあげるわ」
と、お腹のすいた狼にお茶とケーキをご馳走しました。
f0277298_1352128.jpg


そしてふたりは友だちなりました。
f0277298_1352619.jpg


暫くしておばあさんも赤ずきんちゃんのお部屋に来たので三人で仲良くおしゃべりしましたとさ。
めでたし、めでたし。

グリム童話の「赤ずきんちゃん」はちょっと怖いお話ですが、可愛いお話に変えてしまいました。
[PR]
by TakakoTina | 2013-05-09 13:59 | Comments(4)

赤ずきんちゃん、だけど

ちょっと、お話の違うところがある「赤ずきんちゃん」です。
f0277298_18183393.jpg

ここは赤ずきんちゃんのお部屋です。
人形とお裁縫が好きな女の子のようです。

今日はおばあちゃまのところへ、お花やパンを持ってご挨拶に行こうと支度しました。
f0277298_18212761.jpg


「行ってきま〜す」と出かけましたが(実は歩いて三分くらい)、おばあちゃまはお留守でした。
どこへ行ったのかな?と不思議に思いながら帰ってきたら、
あらあら、おばあちゃまは赤ずきんちゃんのベッドで寝ているではありませんか!

f0277298_18242898.jpg


「おばあちゃま、どうして私のベッドで寝ているの?」
  「それはね、あまりに可愛いお布団だからさ。」

「おばあちゃま、いつからそんなにお耳が大きくなったの?」
   「それはね、おまえの可愛い声がよく聞こえるようにさ。」

「おばあちゃま、どうしてそんなにお口が大きいの?」
   「それはね!!・・・」

f0277298_18282116.jpg


赤ずきんちゃん!危うし!!!

まぁ、このお話ではおばあさんも赤ずきんも狼に食べられはしませんでした。
ではどうやって危機を乗り越えたのか?

猟師は出てこないので赤ずきんちゃん自らやっつけたか、あるいは、おばあちゃん用に作ったパンやケーキで狼と友だちになったか・・
めでたしめでたし。

赤ずきんルームの裏側は可愛いこんな生地を貼ってます。
f0277298_18351788.jpg


この赤ずきんドールハウスは「Dolce Cremaなお教室」の為に見本で創ってみました。
創ってみたい方はお知らせくださいね。

それから六月から「Dolce Cremaなお教室」とは別に「ビスクドール教室」を開催することにしました。
リプロダクションドールを磨きから始めて創っていく教室です。
詳細は後ほどHPに載せますが、
ご興味のある方はご連絡くださいね。
[PR]
by TakakoTina | 2013-05-07 18:48 | Comments(5)