「ほっ」と。キャンペーン

いかんいかん!

机の上を広げようと片付け始めて、
そうそう!次回の桜新町のビスククラスはMasakoさんの編み物ワークショップだった、
レース糸とかぎ針をだしておかなくちゃね。
レース糸は確かあそこに入ってたはず。
f0277298_1545888.jpg

あった、あった!
でも生成りと黒のレース糸がないなぁ・・
一緒に買ったはずなんだけど・・(何年前か忘れたけど)

そうか、こっちの引き出しに入れたかな。
あった、あった!
これは毛糸でなんか編もうとしてたんだね。
f0277298_15451595.jpg

花のモチーフつなげてマフラーでも編もうと思ってたんだ。
でもいつのまにか忘れてた。

こ! これは!
f0277298_15451290.jpg

なんと! 棒針編みの人形の靴下ではないか!
ああ、たしか棒針編みの靴下の編み方のセミナー受けたのよね〜。
でもさっぱりわからなかった。

こっちの箱には何が入ってたかなぁ?
あら!!!
まぁ!!!
これは着物じゃ〜〜〜ないの!
帯もちゃんとある!
ああ、縫ったのよ! 私これ縫ったのよ!
着せる人形がないまま引き出しにしまいっぱなしだったみたい。
ちょっと裸ん坊のBruに着せてみようかな?
ふんふん!
怒り肩の体型だけど袖丈は大丈夫ね。
着丈が長いから直さなくちゃ。
髪もちょちょっとアップにして雰囲気出してみましょ。
f0277298_15571491.jpg

f0277298_1557106.jpg

こんな感じになるのかぁ。

あれ? 
こっちにも着物の生地がある。
わお! 素敵な柄だ❤️
鳳凰。
f0277298_16111441.jpg


色もいいなぁ。
ちゃんと背縫いしてお袖も切ってある。
これはちゃんと仕上げてみたい!

ハッ!!!!!!!

こんなことしてる場合ではなかった!
なんのために机の上を整理しようとしてたのよー!
今は、編み物でも着物でもないのでした。

イカンイカン!
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-26 16:09 | Comments(2)

Bru Jne

アンティークドールのリプロダクションを作りたいと思ったのがちょうど10年前。
一番最初に作ったのはミレットサイズのBru Jneでした。
f0277298_0105398.jpg

こんな小さい画像しか残ってないのが残念ですが、とても可愛いBruでした。
ドレスは古関くに子先生の本を見ながらコートドレスを縫いました。
アンティーク市で見つけたレースやモチーフと鮮やかなブルーのシルクサテンを使って、我ながら素敵なドレスが出来たものだと思いました。
帽子の花もドレスの色に合わせてブルーに染めて作りました。
自分でもとてもお気に入りでしたが友達に「是非に!❤️」と恋われてお嫁入りしました。

そのあと、グーグリーを作りこの子も「是非に!❤️」と恋われてお嫁入りしました。
f0277298_028392.jpg


そのあとミレットのゴーチェを作りました。
f0277298_010585.jpg

この子も先の2体のお嫁入り先のお宅で幸せに暮らしています。

先日、お電話をいただき久しぶりにお声を聞かせていただきとても嬉しかったです。
「いつも見るたびににっこりしてしてしまうのよ」
「ほんとに可愛いくて、武田さんの人形が大好き」
と言ってくださって感激でした。
習い始めたころの拙いテクニックの人形ですが、「可愛い」と思ってくださり、見るたびに微笑んでくださり私はもちろんの事、人形にとってとても幸せなことです。

そのお宅に遊びにいらした方が私の人形を見て、同じミレットサイズのBRUをお迎えしたいと思ってくだ
さったようです。
ブルーのドレスを着たBRUを作ろうと思います。

でもその前にやってしまわなければいけないことがたくさんあります。
こちらも丁寧に誠実に取り組んでいきます。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-26 00:43 | Comments(0)

ワークショップ

日曜日、創作人形作家の浦野由美さんのワークショップに参加してきました。
三日間で10cmの人形が出来ます。
昨日、1日目はソフトウェアの磨きとドレスを少し縫いました。
一ヶ月に一回のペースで9月に仕上がる予定です。
f0277298_1825398.jpg

浦野由美さんのお見本の人形も撮影しました。
小さいものってほんと可愛いです。

いつもアンティークドールのリプロダクションなのですが
創作人形ってすごく興味あります。
私の「人形制作」の始まりは若月まり子先生のお教室からでした。
リプロを作り始めた10年も前のことです。
若月先生のお教室展の為に一体だけ粘土丸めるところからお顔を作りました。
それきり、若月先生はお教室をやらないで制作のみになったのですが、先生の展示会の前にはお手伝いさせていただいていました。
だから私の創作人形(といえるかどうかわかりませんが)は一体のみで終わりました。

こうやって創作人形作家さんのワークショップに参加するのはとても楽しいです。

帰りは一緒に参加したエルマさんと一緒に銀座でお買い物したり、エンジェルドールでアンティークドールと創作人形を見て、ご飯食べて、充実した楽しい1日でした。
f0277298_1825514.jpg

カカオマーケットにもよりました。
以前いった時には無かった、天使が側面にいる楕円形の缶もあったので買ってきました。


浦野由美さんの人形、9月に仕上がるのが楽しみです。
8月は絵付けです。emoticon-0115-inlove.gif
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-25 18:21 | Comments(0)

ソーイングテクニック

昨年シカゴでのドールコンベンションの後に受けたセミナーでは、
このブログでも何回も紹介している37cmのHuret(ユレ)のコスチュームを受講しましたが
そのプログラムにはヒストリカル ソーイングといって19世紀の裁縫手法が含まれていました。

着物文化の日本では明治以降に洋服が入ってきたのですから当時の縫い方をまったく無知だといっても恥ずかしいわけではありません。
明治は1868年が元年でしたかしら?
Huret Dollは1850年代から作られていたのですからその頃の縫い方と言われましてもね。
しかしながらアンティークドールのリプロダクションを作っているのですから、ドレスの縫い方も当時のやり方を覚えるのは当然のことだと思います。
知ったうえで、今のやり方でやりたいと思えばそうすればいいし、よりアンティークに忠実にと思えば縫い方も当時のやり方で、というのもいいですね。

とにかく「知る」ということは表現の幅を広げてくれます。
f0277298_2348118.jpg


このドレスのセミナーでは「フラット ライニング」と「カートリッジ プリーティング」というヒストリカルソーイングの手法を習いました。
その他、コードを挟み込んでのギャザーの寄せ方などいろいろなテクニックが学べて良かったです。

一つのセミナーの中にはたくさんの「初めてのこと」「気づくこと」がギュっと詰まっていて楽しく学べるのです。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-15 00:08 | Comments(0)

笛吹き

前記事のキューピーちゃんの笛吹きスタンプ繋がりで思い出しました。
こんな写真撮ってました。
f0277298_0534685.jpg

アネットちゃん(13cm)にミニチュアフルート持たせてちょっと幻想的な子にしてみたかったのかな。
2010年1月に撮った写真です。
f0277298_0534879.jpg

こんなことして遊んでたんだなぁ。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-05 00:59 | Comments(2)

7月が

暑い!
暑い夏がやって来た!(梅雨はあけたのか???)
いつの間にか7月・・
7月1日締め切りのものもひと段落ついたもののまだまだ引き続き問題は山積みであります。

先月、昨年ドルフェスとリミテッドでご一緒させていただいたChou Chou(シュシュ)さんから可愛いスタンプをいただきました。
なんでも私にぴったりなスタンプを見つけてくださったとのことでした。
f0277298_11295864.jpg

f0277298_1130068.jpg

なんて可愛いのでしょう!!
笛を吹くキューピーちゃんに私を思い出してくださったなんて感激です。
いろいろに使わせていただきますねemoticon-0109-kiss.gifemoticon-0115-inlove.gif

スタンプといえば何年か前にERIさんに消しゴムスタンプ?でいろいろ彫っていただいたものも改めてご紹介させてください。
f0277298_11344669.jpg

f0277298_113512.jpg

こんな複雑な絵柄を小さな消しゴムに彫ることができるなんてERIさんて凄すぎますemoticon-0152-heart.gif
右のはラ・モード・イラストレから。
髪のカールやドレスの細かいプリーツやら、どうしてこんなに素敵に彫ることができるの不思議なくらい素敵です。

f0277298_1141251.jpg

f0277298_11485018.jpg


この女の子は私が作ったE.J.をモデルに彫ってくださいました。
惚れ惚れするスタンプです。

そのほかにも集めた既製品のスタンプいろいろありますが、このERIさんのスタンプは私の宝物です。
そしてまたひとつシュシュさんが私を思い出したからといってくださったキューピーちゃんのスタンプも宝物になりました。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-07-04 11:50 | Comments(0)

f0277298_9161842.jpg


アメリカのDoll Artisan Guildから年4回発刊されている「DOLLS Beautiful」という人形誌に
ドラちゃんピンクッションボックスの作り方の記事が載りました。

この作品は昨年の私の強室のクリスマスパーティーのプレゼント用に作ったものです。
DAGのディレクターから今年の初めに記事にしないかと依頼がありました。
記事にするには写真を撮らないといけないので、クリスマスプレゼント交換で私のドラちゃんを当ててくださったHidekoさんに事情をお話しして少しの間お借りしました。
でも作り方の説明と写真を撮るのにそれをまたバラバラにするわけにはいかないので、また新たに同じものを作りました。
出来上がった後で撮り忘れていた写真もあったりでまたまた新たに作ったり・・(笑)
何年も前に作ってお教室でも作った時にモデルになったベスちゃんピンクッションボックスも一緒に写真を撮ったり。
丸いボックスや小花の作り方など8ページにわたって掲載されています。
f0277298_91620100.jpg


今回号の表紙はアンティークのRochard Revealed Dollです。
f0277298_9162231.jpg


ご興味のある方はご連絡くださいね。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-06-22 09:43 | Comments(2)

10cmのベビーちゃん

今日は桜新町のお教室でした。
Masakoさんが先月組み立てたすやすやバージョンのベビーちゃんにクロシェドレスセットを編んで着せていらっしゃいました。
f0277298_21103456.jpg

ひゃ〜〜〜emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
愛らしいことったら!!
ほんとに寝息が聞こえてきそうです。

f0277298_21104349.jpg

かぼちゃパンツがまたまた食べちゃいたいくらい可愛いの!emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

小さい子にはやはりクロチェドレスセットは外せませんね。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-06-21 21:18 | Comments(0)

高松、倉敷、岡山へ

先週木曜日から昨日の月曜日まで4泊5日で高松、倉敷、岡山へ行っていました。
土日はちょうどドールフェスティバルが入っていたのですが、残念ながら参加も、お仲間たちのブースを見たりお買い物をすることも出来ませんでした。

何をしていたか、と申しますとまずは実家の高松に行きまして母親の米寿のお祝いをしてきました。
お祝いといっても小さな懐石料理やさんで食事をしてちょっとしたプレゼントをしただけですが。
この母の米寿のお祝いは私にとっても特別な日だったのです。
その特別なこととは、初めて「兄」と会ってお話しできたこと。
私には生まれてからずっと一緒に育った兄がいるのですが、その兄の上にもう一人「兄」がいたのです。
今年になって初めて知った「もう一人の兄の存在」。
その「兄」は私が3歳の時に私たち家族から離れて育ちました。
「兄」は11歳だったので私のことはよく覚えていたそうです。
「兄」は母と良く似ていました。
顔も、自分のことより相手のことを先に考える性格もまさに母のDNAなのでしょう。
母も初めて子供3人が揃って母を囲んで食事をすることになってとても喜んでいました。
わたしもとても嬉しかったです。
またの再会を約束してお祝いの席を終了しました。

次の日は人形の仕事を持ち帰っていたので母の洋裁室でドレスを縫っていました。
母の洋裁室は机も広く椅子も足の置き場も考えられていて座り心地がよくて仕事が捗りました。
見習ってわたしも仕事机を広く使いやすくしなくちゃですわ。

土曜日は母と母の女学校からの友達3人連れて倉敷の美観地区に行きました。
f0277298_2045342.jpg

散歩して、ランチして、お買い物して、お茶して、
母もお友達もみなさん、洋服やアクセサリーをお買い物する時はは女学生時代に戻ったようでしたよ。
いくつになっても女性は乙女心を忘れはしないようです。
ホテルに戻って一休みしてから、夜ご飯に出かけました。
f0277298_204598.jpg

ここは「富来屋」さんという地元の食材で料理を出してくれるお店でした。
格子戸を開けて玄関には傘のランプがお出迎えです。
コースを注文したのですが、前菜、ローストビーフのサラダ、地元牛と野菜の鉄板焼き、握り寿司3貫、高キビで作ったきび麺、きび団子、お茶、これ全て満87歳の方々、食べましたemoticon-0104-surprised.gif
そして腹ごなしにまた夜の美観地区を散歩してホテルに帰りました。
f0277298_20451459.jpg


日曜日は岡山に移動して、コンサートを聴いて、岡山名物(なの?)のえびめしの入ったオムライスを食べ、マリンライナーで瀬戸内海を眺めながら高松に帰ってきました。

昨日月曜日は昼頃のフライトだったので、時間まで母の洋裁室でまた仕事の続きをしてこちらに帰ってきました。

母は昨日わたしが帰ってからまた友達の家にお泊まりに行きました。
まだ今日も引き続き友達のところに入り浸って(笑)お喋りしているのでしょう。
一緒に旅行に行ったり、買い物したり、お芝居観に行ったり してくれる友達がいてくれるって幸せですね。
元気でいてくれる母とお友達に感謝です。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-06-21 21:06 | Comments(0)

ウィッグ

実は私のユレ嬢のウィッグはちょうど良い大きさのがなく、大きいのを裏でちょっと詰めて被せておりましたemoticon-0136-giggle.gif
f0277298_1346135.jpg

なのでちょっと前髪の具合がアンバランスでしょ。

f0277298_13542193.jpg

ミレットサイズのスタイナーですが、この子にも少し大きいかな?

ちょうど合う子が見つかるまで箱に入れておきましょう。

私のユレ嬢にピッタリ合うウィッグももう少しで手に入りそう。
[PR]
# by TakakoTina | 2016-06-15 13:57 | Comments(2)