CHICAGO

今月12日から19日にかけてシカゴで開催されているバンド&オーケストラクリニックに参加してきました。
シカゴに着いた夜はジョン・ハンコックセンターの94階からの夜景を観に。
f0277298_16394024.jpg


この写真を撮った場所は網ガードが張られていますがまぎれも無く94Fの外なんです。
とても綺麗でしたが私の簡単なデジカメでは光が遠くて上手く写せなくて残念。
f0277298_164008.jpg


また性懲りも無くジョンハンコックセンターの94Fの窓拭きをやってきました(笑)

次の日はまだコンベンションも始まる前の日だったので、朝は街に出て散歩しました。
ホテルから出てすぐにどこかで見たことのあるようなポーズの後ろ姿が!!
f0277298_16403995.jpg


有名なマリリンモンローのスタチューでした。
10年くらい前に来た時は無かったな~。
f0277298_16412494.jpg


下から見上げる人々多し(笑)

そして午後からはシカゴミュージアムに。
f0277298_1642620.jpg


あまり時間も無かったので見たいところだけをピックアップして、先ずは地下階のミニチュアルームへ。
とても12分の1とは思えない程の精巧さと素晴らしい家具やインテリアに溜息ばかりでした。

こんな部屋に住んでみたい・・・
f0277298_1643731.jpg



こんな部屋でイケメンのハープ奏者とデュエットしたい・・・
f0277298_16433379.jpg



このようにひとつひとつ壁に埋め込まれています。
どのくらい数があったのか数えませんでしたが見事の一言でした。
f0277298_16435987.jpg


その後、まだ時間があったので美術館の中でランチをしてから印象派を見ました。
美術館の建物がとても複雑で迷います。
あちこちに案内のデスクがあったり、迷った様子の人には声をかけてくれるスタッフがたくさんいました。
モネ、ゴヤ、ルノワールを堪能して(でも時間が無い)美術館を後にしました。
# by TakakoTina | 2011-12-29 18:31

帰って来ました。

昨日、成田に無事到着し、高速バスで家の最寄りの駅に着いたのが午後8時半頃。
駅まで迎えにきてくれた夫とファミレスで遅い晩ご飯を食べて、I'm in home~~~!!!
お陰様で初めての一人旅も迷子にならずに帰って来れました。
まぁ、何処へも観光もせずコンベンションに参加して帰ってきただけですから当たり前っちゃ~、当たり前か。

私が会員になっているアメリカのドール協会"Doll Artisan Guild"では年4冊ドール誌を発行しています。
この10月に発行された一番新しい号で、私の紹介記事が載りました。
f0277298_1646444.jpg


f0277298_16463329.jpg



f0277298_16464680.jpg


この記事を書いてくれたラクエルさんはお医者さんなのですが、コンペティションにもずっとエントリーしていて、ミリー、マギー、ゴールドロゼットなど、たくさんの名誉ある賞をお持ちなのです。
今回のコンペティションではモダンドール部門のクリスタルアワードを受賞されました。

人の長所、才能(たとえ小さくても)を見いだしてそれをみんなに紹介して分かち合う、という暖かいフレンドシップ(というのかどうかはわかりませんが)を感じ、とても嬉しくて感謝しています。
そして直接御礼を言えて良かったと思います。
でもでも!
やっぱり英語力不足で伝えたい感謝の一割も伝わらなかったかもしれません。
ただ「ありがとう」だけでなく、どのように思って、どのように感じたかを細かく言えることが出来るようになりたい。
ただ「きれい」「すばらしい」だけでなく、何処がどのように良いのか伝えることが出来るようになりたい。
後から「ああ、あのときはこう言えばよかった」と思っても、会話してる瞬間に出てこないもどかしさ。
今度会うときまでには、もう少しコミュニケーションが深く出来るように勉強したい。

今回の「経験」はこれからも「進化」し続けていきたい(歳は関係ないのよね)私にとって与えてくれたことがたくさんありました。
# by TakakoTina | 2011-10-25 09:48 | ビスクドール

The Petticoat

f0277298_16502443.jpg


1885年くらいのドレスを作ろうと思っているので、下着もそれに合わせます。
バッスルを入れるかどうかはドレスを作ってから考えましょう。

f0277298_16504233.jpg


Bruだからちょっと胸の開いたドレスでも大丈夫なように。

f0277298_1651201.jpg


でも幼い可愛らしさを出す為にギャザーを寄せました。

f0277298_16513374.jpg


後ろは二重の細いリボンを結びます。
こういうところ、好きなんだな~
# by TakakoTina | 2011-09-03 12:37 | ビスクドール

IMAGE

参考にしたイラストと実際の人形。
1840年代

f0277298_16545517.jpgf0277298_16545998.jpg



1910年代
f0277298_16553981.jpg



f0277298_1656535.jpgf0277298_16561355.jpg

f0277298_16563951.jpg



一番下のはスリップです。
ドレスのスカート幅が狭いのとアンダースカートの素材が薄いシルクサテンなのでひびかないようにシンプルに。
この1910年頃になると身体を締め付けるコルセットも無くなってきたようです。

さて、次はどんな感じになるでしょう。
# by TakakoTina | 2011-04-16 16:32 | ビスクドール

二月の銀座十字屋で開催された「ベル・エポックのエスプリ~貴婦人~」と題された音楽と人形のコラボの為に、ひとつは1900年代のドレスを着せたレディドールを作りたいと思って選んだのが1920年頃まで生産されていたというシモン&ハルビックの1159でした。
ベル・エポック(良き時代 仏語)期といえば一般には19C末から第一次世界大戦が勃発する1914年までを意味するらしいが、厳密な定義はないのでもう少し広範囲に捉えることもあるようです。


ヴィクトリアンのバッスルが消え、1890年代には大きく膨らんだ袖(ジゴ袖)が登場しスカートはベル型に広がったデザインになりました。
1900年頃にはアールヌーボー調の曲線をイメージさせる、胸とお尻の膨らみを強調したS字ラインスタイルが出て来ました。
1906年にあるデザイナーがコルセットを使用しないデザインを発表し、女性はコルセットから解放に向ったようです。
1910年頃は裾幅が狭くなったデザインになってきました。
(華やぐ女たち ロココからベルエポックの化粧とよそおい 参照)

私がいろんな資料を参考にしながら考えたデザインは、そのS字ラインスタイルから裾幅が狭くなったデザインに移行し始めた頃のもの。
裾幅の狭いスカートに後ろにトレーンをひくオーバースカートを合わせました。
トレーンの部分を前に寄せると華やかになります。
大きな帽子とパラソルも特徴です。
使用生地はアールヌーボー時代に好まれた柔らかい素材、シフォン、サテン、レースを使いました。
f0277298_7545636.jpg

この御婦人は銀座、防府市でたくさんの方々に見ていただいてから素敵なマダムにお迎えいただき、
「展示会場で見た時よりも女ぶりが上がってとても綺麗ですよ」とお電話いただきました。

いつも人形を通して素晴らしいご縁をいただきありがとうございます。
# by TakakoTina | 2011-04-02 16:00 | ビスクドール

春を呼ぶ子

しもぶくれのブレベテ。
見ていると桜並木の中にたたずむしずかな子に見えてきました。
何を考えているのでしょう。
f0277298_1745559.jpg



春はもうすぐそこですね。
# by TakakoTina | 2011-03-11 11:07 | ビスクドール

春よ来い♪

桜色のブレベテが咲きました。
もとい!
出来ました。
f0277298_176217.jpg



夜だからフラッシュでくっきり写っていますが、ふんわりほんわか優しい子です。
# by TakakoTina | 2011-03-10 01:05 | ビスクドール

20日のサロンコンサート、音楽と人形のコラボレーションがほぼ満席、150名程のお客様にお出でいただいて、盛況のうちに無事終了いたしました。
足をお運びいただいたみなさま、応援して下さった皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

副題の「貴婦人」を主題に私は4点のレディドールを出展させていただきました。
尾形さん、廣瀬さんの作品を合わせて11点のレディドールが並び、お客様をお迎えしました。

またコンサート前や後にランチやお茶をお友だちと楽しんでいただいた方もいらっしゃったようで、一日の中のほっとした時間と空間を演出されていましたら幸いです。

私が「椿姫」をイメージした人形です。
f0277298_1771291.jpg



f0277298_803215.jpg

# by TakakoTina | 2011-02-24 11:03 | ビスクドール

パラソル

f0277298_1781910.jpg


ビスクドール用のパラソルってなかなか見つけられません。
特に小さなビスクドールに合うようなサイズ。
銀座十字屋さんでの音楽と人形のコラボのテーマは「ベルエポック」
1910年頃のデザイン画から型紙をおこして作ったドレスに合わせてどうしてもパラソルを持たせたかった。
大きな帽子にパラソル。
アールヌーボーのエッセンスには欠かせないかなぁ、と思い、
はて?パラソルってどうやって作ればいいんだ?
ん~!そういえば5,6年前にパラソルが作れるというキットを取り寄せて、届いた金属の棒や細いパイプ,ピン、などを見た瞬間に拒絶反応!
そのままどこかにしまい込んだ。
どこかに?・・・
どこだ?・・・
多分、押し入れの奥深く・・
これは探し出すより
もう一度キットを取り寄せた方がいいかな?とPC開いてアクセスしたら・・
ガ===ン!
もう取り扱っていなかった(悲)
作り方の載ってるプロジェクトも消滅していた(涙)
ああ!もうこれは探し出すしか無い!
人間必死になるとなんとかなるもんだ!
ありましたよ~♪
そして作り方の載ってる本も探し出し、必死で英語を読み金属カッターやら道具を揃え,パラソルの骨組みを作ることに成功いたしましたぞ!わははは!!!
やはり、ドレスと共布で作ったパラソルはよいね~♪

因に人形は正にベルエポックの時代に生産されたシモン&ハルビックの1159.
上睫毛は描かないでモヘアの付け睫毛です。
オープンマウスで歯もあります。
1920年代まで生産されていたようですのでアールヌーボーのドレスがお似合いかと思います。

もうこのパラソル作っただけでだけであたしゃ満足♪
# by TakakoTina | 2011-02-01 12:38 | ビスクドール

お人形のクリスマス

f0277298_17162226.jpg


今日はクリスマスイブ。
イエス様のお誕生祭前夜ということですね。

人の内なる核を形成するものが何であるか、を考える時、
それは愛であったり、感動であったり、そして信仰心であるのでしょう。

と普段は何気なく見過ごしていることを見直させてくれる日なのかもしれません。

メリー クリスマス
# by TakakoTina | 2010-12-24 09:44 | ビスクドール